開発担当 製品管理部技術グループ
社会や、使う人のニーズを“先取り”することで、
新しい“需要の可能性”を作り出す。
社会や、使う人のニーズを“先取り”することで、
新しい“需要の可能性”を作り出す。

販路拡大が見込める「スプレーノズルシステム」の開発

スプレーノズルとは、気体や液体といった流体を噴霧するための取り付け具のこと。
工場等の産業用から、民間利用にいたるまで、世の中の実にさまざまなところで活躍しているものだ。

民間利用では、駅やテーマパーク等で、暑い夏に涼を与えるミストシャワーが設置されているのを
一度は目にしたことがあるのではないだろうか?
これはまさに私が開発・性能試験から、時には設置までも行っている製品だ。

また工場等の産業用では、金型でプレスされたものを、その金型から効率よく剥がすために
エアーや薬品を噴射するスプレーノズルや、
火力発電所で、燃焼用ペレットの粉塵を抑えるために
最適な水量と角度で水を噴射するスプレーノズルの開発にも携わった。

用途によって、スプレーノズルに求められる性能はさまざまだ。
また、お客さまから用途を聞き、「そんな使い方もあるんだ!」と気付かされることも!
応用範囲が無限にあるので、視野が広がることと、
開発次第で新たな販路を拡大でき、売り上げに繋がることが
スプレーノズル開発の面白いところだ。

今開発中の新製品ユニットが、売れるかどうか気になる、だから・・・!

開発中の様子

現在私は、全く新しいスプレーノズルユニットの開発を任されている。
社内にほとんどノウハウがないほどの、画期的な取り組みだ。
だから、ノウハウや新しい知識・情報が、喉から手が出るほど欲しい・・・!
展示会にも行ってみたいが、招待されていないし・・・。
そこで、その新ユニットが製品化となる際にはぜひ使いたいと思っている部品のメーカーに連絡。
展示会へ招待してもらえた!!
その展示会ではいろいろなメーカーから有益な情報を得ることができた!

また、他社が開発した製品ユニットを導入した店舗があると知り、その効果を知りたくてすぐ訪問。
ところが訪問してみると、すでに使用を取りやめているとのこと。
せっかく来たのに残念な気持ちではあったが、そこで帰ってしまってはもったいない!
自分が開発するユニットは、絶対に人の役に立つ、売れるものにしたい!
そのためには、失敗例は良い参考になるのだ。
  
放置されたユニットを見せてもらいながら、
「どうして使用を取りやめたのか?」
「どうだったら使い続けられるか?」
と、開発から販売、そしてずっと使い続けてもらうためのヒントとなる情報をあれこれ聞き出した。
帰り際に、「製品化したらここに一番に来るから!」と言い残して。

開発中の様子

未知への挑戦

スプレーノズルの実験

学生の頃から技術者に憧れていて、
自分で開発した製品を世の中に送り出す仕事がしたいと思っていた。
就職活動で様々な企業を訪問する中、自社開発・自社販売の会社に魅力を感じ、NIIKURAを知った。
私はクルマ好きなのだが、仕事にするなら自分にとって未知の分野である
「船舶製品」の方が面白そうだと感じた。

ただ、製品を知らない状態で開発するのは自分自身の納得がいかなかったので、社長面接の時、
「開発職希望だが、その前に製造現場で加工・組立・製品知識を習得したい」と伝えたところ
快諾してもらえたため、当社に入社を決めた。
そして実際、現場で身についた技術・知識は今、開発の仕事でとても役立っている!

製造から開発に異動になってすぐに、NIIKURAがこれから更に力を入れていくスプレーノズルの開発を任された。
そして今は、電気制御も含めたシステムでの開発も行っている。
私は元々機械系には強いのだが、今は電気に関する事も勉強しながら、
自分で制御プログラムを組んだり、試行錯誤の日々。

無知な分野でも恐れず挑戦し、結果を出すまでやり遂げる。
そうすれば、新しい世界や本当のやりがいも見えてくる。
それが、NIIKURAの仕事だ。

スプレーノズルの実験
技術で生活を豊かにする
先輩1

プロフィール:
理工学部 機械工学科卒
静岡県出身
趣味・休日の過ごし方:ロードバイクでトレーニング、モータースポーツ観戦(富士スピードウェイで)、ウクレレ練習、奥さんと買い物。

新倉工業株式会社
本社:〒264-0047 静岡県御殿場市神場2314-6