Before & After #3

安心感の塊!
頼れるアニキ

製造部 課長

芹沢 一弥

2010年入社

Before

ビフォー
あの頃私は、溶接を担当していました。入社当初は塗装を担当していましたが、社長から勧められて溶接をやることに。溶接の奥深さと、社長が頑張りを認めてくれたことが仕事のモチベーションとなっていました。

After

アフター
今、私は製造部のトップである課長になり、製造部全体を見ています。私自身、すべての工程を担当した訳ではないので、分からないところは聞きながら、会社の屋台骨を支える製造部メンバーを一つにまとめるため奔走中です。

あなたと私の仕事のつながり

水害や環境対策に活躍する新製品や、世界の物流に欠かせない船舶の安全を守る製品、私たちの日常生活に必要不可欠な水・空気を浄化するストレーナーなどに使用される部品、プラントで高圧ガスの安全を確保する安全弁など、全てのNIIKURA製品の製造について管理しています。

皆に自信とワクワクを
感じてほしい!

After 01

お客さまの期待に応えるために

NIIKURA製品を待っているお客さまは日本全国、世界各国にいらっしゃいます。製造部の長として、生産の進捗確認や各部署間の調整を行い、お客さまとの約束(納期)を厳守できるよう、製造工程の全体を管理しスケジュール通りに生産できるようにしています。

After 02

新しい仕組みを作り効率化

工程が多いので全てを把握できていなかったため、最初は営業から納期の問い合せがあっても回答に時間がかかっていました。そこで、進捗管理ができる様にExcelを利用し、工程の進捗を各部署がタブレットで確認できような仕組みを導入しました。進捗が見える化され、部内のメンバーが自主的に動きやすくなったと思います。

ビフォーアフター先輩3
ビフォーアフター先輩3

After 03

仕事で心がけていること

納期遅れがなくなることで、製造部の皆が自信をもって仕事ができる、自分たちはやればできると思える、そんな体制づくりを今後もしていきたいです。

After 04

やりがい

何もトラブルがないのが良いこと。トラブルがないというのが、製造がしっかり進んでいると感じられることで、同時に、皆がしっかり進めてくれているということ。
皆が「まずはやってみよう!」と考えられるようになっているのが嬉しいです。

ビフォーアフター先輩3

After 05

これからの目標

生産管理を導入したのがつい最近で、まだまだスケジュール通りに生産が進んではいないのを計画通りにすることです。
現在、新倉工業の生産体制は受注生産と計画生産と二種類の生産方式で生産しているのを、全て計画生産にし、お客さまのリードタイム(発注から納品までの時間)を短縮したいです。


学生へのメッセージ

製造は大変ではありますが、すごく面白い分野です。
自分が実際に船に乗ってNIIKURA製品をメンテナンスした時、とても大きな船に取り付けられ、工場で作っていた時と違って見えてワクワクしました。
自分が加工、組立した製品が別の場所で使用され、誰かの役に立っている。そんなことを考えると楽しくなります。一緒に頑張りましょう。