NIIKURAの
チャレンジ

永遠に生きる強い企業へ

NIIKURAの挑戦

当社は1950年、
日本海軍の設計技師であった創業者により興され、
船舶用機器業界のパイオニアとして、
日本発となる製品を多数生み出してきた。

タンカーやコンテナ船といった商船には、
甲板上から内部、船底まで至るところに当社製品が
搭載されており、その多くが国内過半のシェアを持つ。
発電所や石油関連施設などへ向けた
プラント関連機器と併せて、
重工業と密接に関わってきた当社は、
今後も時代の流れを見極め、時代が求めるモノを
先取りし生み出すメーカーを目指し続ける。

01

シンガポール進出。
世界中にサービスを供給。

世界の船舶やプラント部品のメンテナンス需要の高まりを武器に、NIIKURAでは2017年、アフターメンテナンスグループを立ち上げました。そして2022年、海外のユーザーにターゲットを拡げた販売推進の一環として、シンガポールへ進出。多くの船会社が拠点を置くシンガポールはお客さまの要望に迅速に対応ができ、満足度を高められるからです。
また台湾支店でもアフターサービスを充実させ、順次、イントネシアなどへも進出します。

シンガポール

02

永遠に生きる強い企業を創る。

私たちは常にトップを目指します。
舶用事業を中心とした既存事業を発展させながら、新しい分野へも事業展開をはかり、新しい新倉工業を創成します。

  • 舶用業界で断トツの世界No.1企業をめざす。
  • 性能、品質、納期、アフターメンテナンスでお客さまにとって価値の高い会社になる。
  • ニーズを先取りし、製品のレベルアップを継続。
  • 創業時のコンセプト「舶用艤装品のデパート」を磨き、お客さまにとって利便性の高い会社を創る。
  • アフターサービスを充実させる。

5年ビジョン

03

流体の『制御』『噴霧』『ろ過』の
技術を駆使

私たちの製品、サービスは世界中に供給することが出来ます。世界が市場です。まずはアジア、そして北米、オセアニアへの展開を視野に入れています。
私たちが培ってきた流体の制御、噴霧、ろ過の技術を活用し、環境、農業、養殖、汚泥処理などの事業も積極的に展開していきます。

世界へ

「安定」から「挑戦」へ

海外で戦っていく為に、今までの「安定」から脱皮し
新たなる事業・国・人と共に更なる「挑戦」をしていく。
会社の成長を継続させ、売上・利益共に成長させる。
そして
永遠に生きる強い企業を創る為に、意欲的な目標を掲げ、
新倉工業は挑戦し続ける。

Next 採用情報